仕事辞めたい!今すぐ転職したい!そんな男性、女性必見の情報満載!転職する際に必要な事やメリット、転職エージェントの仕組みなどわかりやすく解説していきます!おすすめの転職サイトもランキングでご紹介!【20代 転職】【30代 転職】【40代 転職】

転職サイト&転職エージェントおすすめ13社厳選比較!5分で分かる転職ノウハウ

転職
今の仕事にやりがいを感じない、給与に納得がいかない。そういった理由から転職を考えている方も多いでしょう。

しかし、年齢的に転職は厳しいのではないか、そう簡単に会社を辞めてしまってもいいものかという思いもあって、転職活動に中々踏み切れないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

「まだ若いし、転職は考え直したほうがいい?」
「転職って難しいんでしょ?」
「転職の成功率ってどれくらいなの?」

当記事ではそれらのギモンにお答えすべく、転職を考える人の年代や理由、転職の難易度や成功率などをご紹介いたします。

あわせて転職のコツもお話し致しますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

転職を考える人の年齢は?みんなは何を理由に転職するの?

まずは転職を考える人の年齢や、転職の理由をご紹介してまいります。

あなた以外の転職を考えるすべての人たちが、どれくらいの年齢で何を理由に転職を考えたのか?チェックしてみましょう

転職を考える人の年齢

転職を考えるのは、主に若い人たちです。転職サイト「デューダ」の調査によれば、転職を考える人が最も多い年代は「25~29歳」であるとのことです。

2018年上半期 転職を考える人の年代別割合
24歳以下 10.3%
25~29歳 39.6%
30~34歳 30.3%
35~39歳 13%
40歳以上 14%

社会人になって働き始め、数年してから転職を考える人が多いんですね。

逆に、40歳以上になってから職を替えることを考える人は少ないのです。これは「今の会社に満足しているから働き続けてきた」「これからも替えるつもりはない」ということだと思います。あるいは年齢的に転職は難しいというのもあるのかもしれませんね。

いずれにせよ、人は40歳くらいまでに定年までここで働き続けたい、働いても構わないと思える会社を見つける場合が多いということです。

仕事はあなたの人生の大部分を占めるわけですから、転職したいと思えばすぐにでも行動を始めたほうがよいでしょう。

まだ若いからとか、働き始めたばかりだしとか、そんなことは考えなくてもいいのです。

ただし転職活動で不利にならないように、会社をわずか数ヵ月で辞めてしまうとか、そういったことは避けたほうがいいと思いますけれどね。

転職を考える理由とは

転職を考える理由
転職を考える理由として多いのは「給与が低い」「やりがいを感じない」「思うように休みが取れない・労働時間が長い」「人間関係が悪い」などといったものです。

転職サイトごとに微妙に結果が異なるのですが、ここではエンジャパンでの調査結果を見てみましょう。

退職(転職)を考え始めた理由
1位 給与が低かった 39%
2位 やりがい・達成感を感じない 36%
3位 企業の将来性に疑問を感じた 35%
4位 人間関係が悪かった 27%
5位 残業・休日出勤など拘束時間が長かった 26%

※複数回答可

上記の順位は男女別に見ても変わりません。要するに、転職を考える理由の多くは男女共通であるということです。

ただしこのランキングの13位には「結婚・家庭の事情(16%)」もあり、これは特に女性は避けては通れぬ問題かと思います。

結婚後、妊娠や出産をするとなれば、どうしても働くことができなくなってしまいますからね。

出産後に職場に復帰したい、あるいはまた新たに働き始めたい。そう考えるのなら、出産や育児に理解を示してくれる企業に勤めることが必要となります。

現実問題として、出産や育児のために休暇を取ることをよく思わないような企業もありますから、就職や転職の際には、その会社の考え方、就職者や退職者の声など、情報収集を行う必要があるでしょう。

転職の成功率はどれくらい?

では実際に転職活動を行った人は、どれくらいの確率で転職に成功しているのでしょうか。

リクナビNEXTが運営しているTech総研の調査では、転職後に不満が解消された人の割合は、

転職後に不満が解消された割合

年収が増えた人のうち86%
年収が変わらなかった人のうち77%
年収が減った人のうち66%

という結果となりました。年収が減った人の中にも、仕事にやりがいを見つけて、より人生を充実させることに成功しているわけですね。

転職は難しくない!

「今の仕事を辞めて別の仕事を始める」。これは一つの挑戦、チャレンジです。

とても難しいことのように思われますが、実際はそうではありません。正しい転職の方法、コツを見につければ、今よりもっと良い会社に移れる可能性は充分にあります。

次章では、転職の方法やコツをご紹介いたしましょう。

正しい転職の方法やコツとは?

転職をするのに必要なことは、

・自己分析をしっかりと行うこと
・転職先の情報を収集すること
・しっかりと準備を整えたうえで履歴書の提出や面接に臨むこと

です。ひとつずつ順を追って説明していきたいと思います。

(1)何のために転職をするのか明確にする

転職の理由
転職活動を始めるにあたっては、「なぜ転職したいのか」をはっきりさせることが必要です。

給与が低いからなのか、やりがいを感じないからなのか、拘束時間が長いからなのか……要は転職によって解消されるべき「不満」をはっきりさせることが必要なのです。

それは何故かというと、新たな就職先を探す際の方針となるからです。たとえば給与に不満があるとすれば、給与の金額を「最優先」に考えて、会社選びを行うわけですね。

残念ながら、給料が良くて仕事にやりがいを感じられて、拘束時間が短くて……といった完璧な会社はほとんど存在しません。

給料の良い会社であっても、今の仕事よりも多少仕事内容が難しかったり、退屈だったり、拘束時間が長かったりすることもあります。

あなたが今の会社に感じている幾つもの「不満」がいっぺんに解消されることはまずないと思ってください。

だからこそ、転職後に後悔しないためにも、自分の不満に優先度をつけて、最も優先度の高い不満を解消してくれそうな会社を選び、そこの試験を受けるというのが転職の基本となります。

もちろん、給料が高くてもブラック企業に勤めるのではまた別のところで不満が湧いてきますから、あまり意味がないといえます。給与以外の部分、全体のバランスを見ることももちろん大切です。

しかし、給与の低さから今の会社に不満を抱いているのに、より給与の低い会社に移ってしまっては、何のために転職したのかわかりませんよね。

最も優先度の高い「不満」がその会社によって解消されるかどうか。それを転職先探しの基準としなければならないのです。

これはたとえば、拘束時間の長さなどの不満を解消したい場合にも同じことが言えます。

転職先を探すなかで、給料の良い会社や、仕事内容が面白そうな会社を見かけることもあるでしょう。しかしその会社に転職することで、いちばんの不満である「拘束時間の長さ」は解消されるのでしょうか。

時間を自分のために最大限使いたい、そう考えている方は「給料が今と同じか多少安くてもいいから、自由に使える時間が多い会社」への転職を目指すべきなのです。

やっぱり給料が良いからコッチの会社にしとうこうかな、なんて軽い気持ちで転職すると“必ず”後悔します。

やっぱり拘束時間の短いところに就職したほうがよかった、転職なんかしなければよかったなどといずれ思い始めるということです。

ですから、転職先を探し始める前に、「ここだけは譲れない!」というポイントを明確化させておきましょう。

これは各企業への「志望動機」にも繋がってくる部分ですから、ぜひしっかりと考えてみてください。

(2)転職サイトを活用する

転職サイトを活用
自分の「不満」を明確化させたら、いざ転職先を探していきます。方法はいくつかありますが、最も良いのは「転職サイト」に登録し、これを活用することです。

求人サイトは数えきれないほどありますが、通常の求人サイトでは、アルバイトや新卒採用を前提とする募集が行われていることが多いです。

これに対して転職サイトでは、「転職先を探している人に向けた求人」が掲載されているため、通常の求人サイトで転職先を探すよりもスムーズに事が運びます。条件検索も可能なので、給与や拘束時間等、自分にぴったりの会社を見つけるのも簡単です。

また、転職サイトには様々な種類があり、ただ求人を載せただけのものもあれば、エージェントに仲介を行ってもらえるサイトもありますし、そのサイトにしか掲載されていない求人を売りにしているサイトもあります。

どれか一つを選ぶというわけではなく、使えるものはすべて使って転職先を探していくとよいでしょう。

ちなみに、転職エージェントの利用は多くの場合無料です。エージェントはあなたの経歴や希望を考慮し、あなたにぴったりの会社を見つけ、場合によっては面接申込等まで面倒を見てくれます。

ですから転職サイトを利用する際には、エージェントサービスのあるサイトに優先的に登録したほうがよいでしょう。

(3)会社のことをリサーチする

会社のことをリサーチする
ここで働きたいと思えるような良い会社を見つけましたら、当然のことではありますが、面接の申込などをする前に、その会社のことを徹底的に調べ上げましょう。

事業内容はどういったものなのか、どういった理念に基づいて経営されているのか、お客様からはどのような声が届いているのか、従業員はどれくらいで、給与や福利厚生などはどうなっているのか。

これらの事柄を調べることは、その会社への志望動機を明確化するのに役立つばかりでなく、あなたにとって本当に良い会社なのかどうかを知るのにも役立ちます。

会社はあなたを履歴書や面接によって審査しますが、あなたにも会社を審査する権利があるわけです。

調べを進めるなかで、ちょっと自分はこの考え方には賛同できないぞとか、厚待遇と言っているけど意外と大したことなくないかとか、怪しい部分が見えてくれば「その会社には行かない」という選択をすることもできるのです。その意味では企業とあなたは対等であると言えるでしょう。

転職というのは、今の職場に何らかの不満があるからするものです。

転職先でまた新たな不満、今あなたが感じているのとは比較にならないほどの大きな不満が出てきてしまうような転職は、まったく無意味と言わなければなりません。だからこそ、転職先の候補として考えている会社についてはしっかりと調べる必要があるのです。

採用試験に合格するためだけにリサーチをするのではない、自分のためにもリサーチをするのだという意識を持てば、その調査はより深く詳細なものとなってくるでしょう。

それがのちのち採用試験にも役立ってくることは言うまでもありません。

(4)必要に応じて資格を取る

資格を取る
求人はいわば生モノです。資格取得にある程度の時間がかかることを考えれば、求人広告を見てから資格を取るのでは遅いでしょう。

ようやく資格を取ることに成功しても、その頃にはその会社の募集が終わってしまっているということもあり得ます。

しかし、「やりたい仕事の内容ははっきりしていないけれど、なかなか良い会社が見つからない」という段階であれば、資格取得に挑戦してみるのもアリだと思います。というか是非チャレンジすべきです。

たとえば、Webデザインの仕事をしたいということは決まっているんだけど、現状は条件の良い会社がない。

そういうときに、色彩検定ウェブデザイン技能検定CG-ARTS検定カラーコーディネーター検定などの勉強をして、資格の取得を目指してみてはどうでしょうか。

資格を取ることができれば、将来Webデザイン関連の良い会社が見つかったときに、「即戦力」として自己アピールをすることができます。

「転職したい!」と思ってからすぐに転職活動を始めるのも悪いことではありません。本当に良い会社が見つかって、そこに就職できれば、これほど幸せなことはないのです。

ですが、待遇がそれほど良くない会社に妥協して就職するのは、その後長続きしないという意味であまりおすすめできないことです。

現段階で良い会社が見つからないのなら、無理をしないほうがよいでしょう。将来もっと良い会社に転職できるように、今はそのための準備をしたほうが良いのです。

そしてその「準備」の一つとは、「資格取得」であるということですね。

(5)履歴書を作成する

転職 履歴書
良い会社が見つかったら、提出する履歴書を作成します。字をきれいに丁寧に書く、アピールポイントや志望動機を明確かつ具体的に記載するなど、しっかりしたものを作成するよう心掛けてください。

採用試験はほとんどの場合、書類選考、一次面接、SPI・適性検査、最終面接の4段階に分かれます。

この中で最もふるい落とされる可能性の高いのは「書類選考」と「一次面接」です。

書類選考の段階では、あなたの持つ資格、経歴などで、あなたという人間の評価がなされます。ここで「ウチには必要ない」と判断されてしまうと、面接に進むことすら叶いません。

中途採用における書類選考と一次面接の突破率は、それぞれ20~30%程度です(東証一部企業参考)。

逆に、一次面接を通ってSPI・適性検査、最終面接にまで行けば、よほどのことがないかぎりは採用してもらえるでしょう。あくまで一般的にではありますが、SPI・適性検査や最終面接の突破率は95%程度です。

転職を考えたときに、「よし、じゃあまずはSPI対策だ!」と勉強を始める方も多いかもしれませんが、実はそれはあまり良い方法とは言えません。

なぜなら前述のようにSPI検査にまで行った時点で、よほどのことがない限り落とされることはないからです。

転職を成功させるには、何よりも履歴書と面接に力を入れることが大切なのです。そのためには会社のリサーチや、履歴書に記載する文章の考案および推敲、文字の練習、面接訓練などが必要となります。

ちなみに中途採用の場合、書類選考と一次面接は人事部ではなく「配属予定の部署の人間」がする場合が多いです。

会社の上部ではなく現場の人間が審査を行うため、資格の数や中身など、「即戦力になるかどうか」が最も重視されると言えるでしょう。

当然ですが、その会社、配属希望先の部署で役立ちそうな資格を複数持っていると、それだけ突破率は高くなります。

同様に、今現在勤めている会社、前にいた会社で同じような業務にあたっていた「経験者」であれば、やはり採用率は高くなりますね。経験豊富な方はあえて中途採用を目指すというのもありかもしれません。

履歴書を作成するときには、ぜひ「自分のキャリアを活かす」ということを意識してみてください。

転職について調べるとこの手の言葉がたくさん出てきますから、何だかありきたりなことを言ってるなと思われるかもしれませんが、あなたの経験を活かすというのは本当に大切なことなのです。

転職成功率を高めるために自分のアピールポイントをしっかりと把握して、それを転職先候補の企業に余すところなく伝えられるよう意識してみてくださいね。

(6)書類選考・面接を受ける

転職 面接
転職サイトによっては、書類選考を飛ばしていきなり面接を受けられたりもしますが、基本的には書類選考の後に面接という流れとなります。

書類選考は、内容の良い履歴書を提出した後はただ祈ることしかできません。「ぜひウチに欲しい」となれば面接の案内が来るでしょうし、「今はいらない」となればいわゆるお断りメールが届くことになります。

面接すら受けさせてもらえないとやはりヘコんでしましますが、これには運の要素もなくはないので、落ちてしまっても気にしないことが大切です。気晴らしに美味しいものでも食べに行きましょう。

書類選考の結果が出るまでの間は、できれば面接練習を行いたいところです。専門の機関に依頼してレッスンをつけてもらうのがベストですが、それが難しい場合もあるでしょう。

対人練習ができない場合には、Youtubeなどの動画サイトで面接関連の動画を見る、転職サイトの質疑応答例を見る、実際に質問を受けたつもりになって回答を口に出して言ってみる、といった方法で練習をされるとよいでしょう。

面接を受けるにあたって重要なことは、自分がどのような声で、どのようなことを喋るのか、明確なイメージを持っておくこと、それを実践できるよう声に出して練習をすることです。

たとえばいま私が、

「あなたの一番好きな食べ物と、その理由を簡潔にお答えください」

と言ったとしましょう。多くの人は「そんなこと急に言われても……」と思うのではないでしょうか。

しかし、その質問を受ける前に考える時間があったらどうでしょう。自分のいちばん好きな食べ物とその理由を、きっとうまく説明できるようになると思います。

このように面接練習とは、あらゆる質問を想定し、それに対する回答を用意しておくことなのです。言うなれば、「そんなこと急に言われても……」を減らしていく作業です。

この質問にはこう答えるというパターンを可能な限り作っておいて、それをいざ訊かれたときに答えられるようにしておくわけですね。

私の経験上、転職を考えている人というのは、今働いている会社への罪悪感や、自分など採用されないのではないかといった不安から、面接官の質問にスッキリと受け答えできないことが多いです。いかにも自信なさげに見えるというか、頼りなさそうな人が少なくありません。

ですが、事前に徹底して面接対策を行っておけば、それは自信となって現れます。面接練習はただ質問に答えられるようにするというばかりではなく、あなたという人間全体の印象を良くするのにも役立つものなのです。

ただし、面接本番ではおそらくあなたが想定した質問以外の質問もいくつか提出されるだろうと思います。

面接官もあなたの人間性を見たいので、ちょっと意外な質問をしたりするものなのです。そんなときには、面接とはいうものの、それはあくまで「会話」だということを思いだしてください。友達に何か答えづらい質問をされたとき、あなたは無視しますか?しませんよね。

言葉に詰まりつつも何とか回答を見つけて、それを相手に伝えることだろうと思います。それと同じことをすればいいのです。

ちょっと言葉に詰まるとか、多少の言い間違いだとか、そんなものは面接官にとってどうでもいいことです。

あなたが誠実に答えてくれるかどうか、コミュニケーションを図ろうとしてくれるかどうかを見たいのです。

多少言葉に詰まっても構わないので、自分なりに誠実に回答をしてみてください。一所懸命に答えようとしてくれるその姿勢自体が、評価の対象となり得るものなのですから。

(7)SPI・適性検査と最終面接を受ける

SPI・適性検査の対策につきましては、書類選考や面接の結果が出るのを待っている間に軽くやっておけば充分です。

最新版の問題集を購入し、ざっと解いておきましょう。わかりやすい解説のついたものがおすすめです。

SPI・適性検査には3つの方式があり、実際に試験を受けてみるまではどの方式なのか分からない場合もあります。

ですから3方式すべてを網羅できる問題集、あるいは方式別の問題集をそろえ、回答と復習をすればOKです。2、3冊解いておけばおそらく及第点は取れるでしょう。

SPI・適性検査を通過したあとはいよいよ最終面接です。

皆さんも初めて就職活動をしたときに、二度目の面接はそれほど緊張しなかったのではないでしょうか。ここまで来れば合格は目前ですから、ある程度心にゆとりを持って話せると思います。

でも油断は禁物です。最終面接に向けて、一次面接のときと同じように、面接練習を行っておいたほうがよいでしょう。

以上が正しい転職の方法やコツとなります。「難しそう」と感じていた転職も、やることがはっきりしてくれば、「意外と行けるかも?」なんて思えてきますよね。

転職は何も難しいことではないのです。あなたが本気になって取り組めば、必ずや転職ができるはずです。

転職のノウハウや転職サイト・エージェント情報まとめ

転職のノウハウや転職サイト・エージェント情報まとめ
いかがでしたでしょうか。転職を考える人は意外に多く、そして実際に転職した人の大多数が、前の会社での不満を解消することに成功しているのです。

何度も言いますが、転職は難しいことではありません。会社のリサーチ、資格取得、履歴書の作成、面接対策など、やることをキチンとやっていれば誰にでもできることなのです。

自分のアピールポイントを理解し、会社に即戦力として認められれば、今よりもっと良い会社に勤められる可能性は充分にあります。

今とはまったく別の業種・職種に移る場合には、あなたは「未経験者」となり、即戦力としては見てもらえないかもしれません。

しかし、現状即戦力として見てもらえないのなら、資格を取ったりして自らの戦力を高めればいいだけの話です。

今の会社とはまったく関わりのない業種・職種へ、新しい世界へと旅立っていくことも不可能ではありません。

最初の章で述べたように、仕事はあなたの人生の多くの時間を費やして取り組むものです。

その仕事に不満を抱くということは、あなたはあなた自身の人生に不満を抱くということになります。果たしてそのままでいいのでしょうか?

年齢を重ねれば重ねるほど、転職はどんどん難しくなっていくことでしょう。行動を始めるのなら今のうちです。

当サイトでは優良な転職サイトを紹介していますので、ぜひそれらを活用して、良い転職先を探してみてくださいね。

更新日:

執筆者:天職テイオー

Copyright© 転職サイト&転職エージェントおすすめ13社厳選比較!5分で分かる転職ノウハウ , 2019 All Rights Reserved.