仕事辞めたい!今すぐ転職したい!そんな男性、女性必見の情報満載!転職する際に必要な事やメリット、転職エージェントの仕組みなどわかりやすく解説していきます!おすすめの転職サイトもランキングでご紹介!【20代 転職】【30代 転職】【40代 転職】

転職したい人が選ぶ転職サイト&転職エージェントおすすめ5社厳選比較

女性の転職についてまとめ

結婚を控えた女性は転職しにくい?結婚×転職の問題点や解決方法まとめ

投稿日:

結婚と転職
結婚を機に転職しようと考えている女性の皆さん。結婚を控えた女性が転職するのは結構難しいということをご存知ですか?

採用される確率が低いのはもちろん、育休や産休が取りにくかったりもしますから、転職をするならなるべく早いほうが良いのです。

「いずれ結婚をする予定だけど、転職はどのタイミングでするのがベスト?」
「転職後は育休や産休を取りにくいって本当? だとしたら対処法は?」

当記事ではそれらの疑問にお答えすべく、結婚を機に転職する際のノウハウをご紹介いたします。

いずれ結婚する予定のある人、彼からプロポーズされた人は、ぜひチェックしてみてください。

結婚を機に転職する際の問題点とは?

転職のタイミング 女性
結婚を機に転職する際には、いくつかの問題点が出てきます。先ほど述べたように、転職自体が難しかったり、育休や産休が取りにくかったりするのです。

この章ではそれら問題点をまずは整理しておきたいと思います。

結婚間近だと転職できない?

まず真っ先に申し上げておきたいことは、結婚間近の女性は転職が難しいということです。それは何故かというと、企業側が以下のような不安を抱くからです。

「採用してもすぐに退社し、家庭に入ってしまうのではないか?」
「入社後すぐに産休や育休を取られ、また改めて人材を募集しないといけなくなるのではないか?」

むろん、仕事を辞めて家庭に入ることも、産休や育休を取ることも悪いことではありません。企業側もそれは重々承知してて、いわばこれは実務的な問題なのです。

採用した人がすぐに辞めてしまうと、その都度また新しく求人を出さないといけないわけで、人材募集にかかるコストや、新人に仕事を教えるのに使った時間やお金のロスもかさんできます。

特に中小企業の場合、時間と金とはその社の死活にかかわってくることですから、すぐに辞められてしまう可能性のある人を採用することには、相当慎重にならざるを得ないのです。

採用試験の面接で、もしかすると「今後結婚の予定はありますか」と訊かれることがあるかもしれません。

そのときの受け答えによっては、残念ながら、採用見送りとなる可能性があります。

産休や育休が取れない?

もし仮に、その社に採用をしてもらったとしても、産休や育休をすぐには取れない可能性もあります。

それは何故かというと、就職後1年は産休や育休を取れないとのルールを定めている会社も存在するからです。

就職後すぐに会社を休まれてしまうと、穴を埋めるために別途人材を募集する必要が出てくる場合もあります。そのため、就職後すぐには産休や育休を取れないことにしているところもあるんですよね。

もしあなたが今現在、妊娠をしていたり子作りをしている最中だったりするのなら、それが終わってから転職活動をしたほうがいいのかもしれません。

結婚式で同僚に迷惑をかける可能性も?

転職後、結婚式を開くことになったとき、皆さんは同僚や上司を招待しますか?する、という方が多いのではないかと思います。

同僚や上司を招待せずに結婚式を開くと、その後なんだか気まずい思いをしそうですしね。できるだけ波風を立たせたくないと思うのなら招待したほうが無難です。

むろん、結婚式に呼ばれて悪い気持ちになる人はいないでしょうが、転職後すぐに式を開くとなると、招待された側は少々戸惑ってしまうようです。たとえば、

「招待してもらえるのは嬉しいけど、その人のことをよく知らないし……」
「関係を悪くしたくないし、出席はするけど、部外者みたいでいづらい思いをしそう……」

こういう思いを抱く人もいるのです。したがって、転職後すぐに結婚式を開くということは、できれば避けたほうがよいでしょう。

まずは会社で人間関係をしっかりと構築してから式を開く、という方向で考えるべきなのです。

お互い忙しくてパートナーと険悪に?

転職 夫婦不仲
転職後まもなくは、仕事を覚えなければいけませんから、とても忙しくなります。会社で取ったメモを家に持ち帰り、復習をするということもあるでしょう。

そんな中で、結婚式の準備などやることが多くなってくると、あなたもパートナーも次第にピリピリとしてくるのではないかと思います。もしかするとそのせいで喧嘩をしてしまうこともあるかもしれません。

結婚とは本来、楽しく幸福であるべきものです。それが台無しになってしまわないよう、生活プランをしっかりと立てて、無理のない仕方で結婚に向いたいところですね。

結婚×転職――問題の解決方法は?

ここからは、上述した転職に関する問題点の解決方法を述べていきたいと思います。とにもかくにも、早いうちから準備を進めておくことが大切です。

結婚の1年前には転職を済ませる

まず、転職の時期についてですが、これは結婚の1年前には完了させておきましょう。つまり、結婚の2年前、1年半前くらいから転職活動を始め、結婚予定日の1年前には転職を済ませておくということです。

こうすれば、採用試験で落とされる可能性を低くすることができますし、もし結婚後子供ができても産休や育休も取りやすいですし、結婚式までに人間関係をしっかりと構築しておくことができるでしょう。

それに、ゆとりを持って結婚の準備に取り組めば、パートナーとの関係もぎすぎすしないと思います。

産休や育休を取りやすい会社の試験を受ける

これも大切なことなのですが、転職をする際には産休や育休を取りやすい会社の採用試験を受けましょう。

現代においても、産休や育休にあまりいい顔をしない会社は多数存在します。そういった会社に就職をしてしまうと、子供ができたときに産休や育休を取りにくく、結局辞めることになる可能性が高いです。

その会社が女性の生き方、働き方に理解を示しているかどうかは、その会社のHPや口コミを見ることで確認することができます。

むろん、表向きには理解を示しているふりをしながら、実際にはそうではないという会社もあるとは思いますが、口コミを調べればその嘘はある程度見抜くことができるでしょう。

またあるいは、転職サイトや転職エージェントを利用するという手もあります。それらのサイトでは、転職成功者からのアンケートや各企業に対する調査などにより、その会社に関する情報が蓄積されております。

外に発表することはないでしょうが、女性に対する理解のある会社、ない会社が、サイト運営者やエージェントにはわかっているのです。

そのため、たとえばエージェントに「産休や育休を取りやすい、働きやすい会社を教えてください」と言えば、あなたの希望通りの会社を紹介してくれます。

転職成功率を高くしたいのであれば、それら転職サイトや転職エージェントを利用すべきでしょう。

女性が働きやすい職場紹介なら→https://allworkgetsystem2019.jp/womanwill/

結婚を機に転職する際の注意点まとめ

結婚を機に転職する際の注意点まとめ
以上、結婚を機に転職する際の注意点などをご紹介いたしました。

結婚直前の女性は現実として採用されにくく、もし採用されたとしても会社の規定により産休や育休を取れない場合もあるようです。

結婚をすることが決まってるのなら、早いうちから準備を進め、式の1年前くらいには転職を済ませておいたほうがよいでしょう。

結婚を控えた転職活動者の皆さんには、転職サイトや転職エージェントがおすすめです。女性の生き方に理解を示してくれる、ホワイト企業を見つけられる可能性がアップしますからね。

皆さんもぜひ、それら転職サービスを利用して、自分にぴったりの会社を見つけてください。

転職サイト&転職エージェントTOPへ戻る

  • この記事を書いた人

天職テイオー

20代の頃から転職を繰り返し、職場環境や年収に満足のいく職場にありつけました!就活の頃に培ったノウハウを、当サイトでわかりやすく解説します! 少しでも今の環境に不安のある方!今すぐ転職すべきですよ!

-女性の転職についてまとめ

Copyright© 転職したい人が選ぶ転職サイト&転職エージェントおすすめ5社厳選比較 , 2019 All Rights Reserved.